静岡県富士市今泉5-13-11

TEL:0545-51-8733

めまいの症状

HOME»  めまいの症状
MOBILE SITE

めまいの症状について

メニエール病

蝸牛の内リンパ腔に水がたまる(内リンパ水腫)ことで、めまい発作・難聴・耳鳴りなどを繰り返しおこす疾患である(徐々にひどくなる)。
めまい発作は数十分~数時間であり他の脳神経症状を伴わないが、その前に前兆症状として耳鳴り・耳閉感などを伴うことが多い。
低音障害型感音難聴を認める。

良性発作性頭位変換めまい症

半規管内に迷入した浮遊耳石が頭部の運動(起き上がる・寝返りを打つなど)で移動し、回転性めまい・眼振を誘発する。
めまい発作は1分程度でおさまるが、著しいために嘔気・嘔吐を伴うこともある。めまい疾患のなかで最も頻度が高い。

前庭神経炎

原因は不明である。感冒症状が前駆することが多い。
突然におこる著しい回転性めまい発作で蝸牛症状(耳鳴りや聴力低下など)は伴わない。
数日から1週間ほど続き、その後に頭重感やフラフラ感など数週から数か月ほど続くのも特徴である。

頸性めまい

頸部を回す・ひねる・伸ばすなどの動作によっておこり、一過性であるが何度も繰り返す傾向がある。
回転性めまいが多く、気が遠くなるような感じがすることもあるが、聴力低下や耳鳴りを伴うことは少ない。
原因としては椎骨動脈血流障害・頸椎骨棘形成による骨動脈圧迫・交感神経の異常が考えられている。

顔面神経麻痺

大きく特発性顔面神経麻痺(ベル麻痺)とラムゼイハント症候群に分けられる。
ベル麻痺の原因は不明であるが近年は単純ヘルペスウィルスの再活性化が実証された。
ラムゼイハント症候群は水痘一帯状疱疹ウィルスの再活性化によるとされており聴力低下・耳鳴り・めまいなどを伴うことが多い。

ページの先頭に戻る