静岡県富士市今泉5-13-11

TEL:0545-51-8733

耳の症状

MOBILE SITE
HOME»  耳の症状

耳の症状について

外耳炎(耳せつ)

耳掻きのしすぎ(耳垢除去や外耳湿疹など)により細胞感染をおこし、外耳道が発赤・腫脹したもので、
主な症状は耳痛で、咀嚼時や耳会を引っ張ると増強する(耳介牽引痛)
発赤・腫脹が著しくなると難聴や耳閉塞感も伴う。

耳垢栓塞

耳垢は分泌物・脱落上皮・毛・塵埃などが混ざりあったものである。
乾性と軟性に大きく分けられるが、軟性耳垢は大きな塊になりやすく難聴や耳閉塞感の原因にもなります。

鼓膜損傷(外傷性鼓膜穿孔)

直達性(耳掻きなど)と介達性(平手打ち・爆発・潜水など)に分けられ、
主な症状は突然におこりうる耳閉塞感・耳鳴り・難聴であるが、直達性の場合は著しい耳痛やめまいを伴うこともある。

急性中耳炎

インフルエンザ桿菌・肺炎球菌などの感染によっておこり、
著しい膿性鼻汁があり耳管を経て感染することが多いが、鼓膜穿孔がある場合は外耳道を経て感染することもある。
主な症状は著しい耳痛で、難聴や耳閉塞感を伴うこともある。また、鼓膜が穿孔すると(自潰)耳漏も伴う。

慢性中耳炎

いわゆる慢性中耳炎と真珠腫性中耳炎に分けられるが、
真珠腫性中耳炎の方が合併症(耳鳴り・頭痛・めまいなど)をきたす危険が高い。
主な症状は難聴・耳漏(鼓膜穿孔があり細菌感染を繰り返している)である。

耳管狭窄症・滲出性中耳炎

基本的に鼻の状態が悪いとおこりやすい(急性鼻炎・アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎・鼻中隔彎曲症など)
耳管の炎症性腫脹・周囲組織による圧迫(アデノイド肥大や上咽頭腫瘍)・耳管開閉機能障害などにより耳管通気性が悪くなり、
鼓室内陰圧化がおこり、いろいろな障害を生じる(耳管狭窄症)
症状は、耳閉塞感・聴力低下・自声強聴(自分の声が響く)などである。
また、この状態が悪化・長期化した場合は鼓室内に液体が貯留(滲出性中耳炎)し、症状はさらに悪化する。

音響外傷(騒音性難聴)

非常に強い音響(銃声など)を聞いたり騒音(工事現場など)を長期間・習慣性に聞かされていると蝸牛組織(特に有毛細胞)に障害をおこし、
難聴(最初は4000Hzの音から)・耳鳴りの原因になる。

突発性難聴

突然におこる耳閉塞感・耳鳴り・聴力低下。原因不明。聴力低下が著しいとめまいを伴うこともある。
通常は一側性であるがまれに両側性のこともある。

ページの先頭に戻る